要注意!接客でのNG会話とは?!

ナイトワークの基本は、お客様に楽しい時間を過ごしてもらうことですから、会話がはずむことはとても大切です。
ただし、顧客との会話を楽しめるナイトワークでも、接客時にしてはいけないNGな会話があります。
様々な話題を提供する立場にあるため、会話のNGを知っておき、お客様に楽しく過ごしていただく時間を作っていきましょう。


ナイトワークでは、様々な年代の顧客と接する機会があります。
そのため話題が豊富だと話題が尽きることもなく、顧客にも楽しい時間を過ごしてもらえます。

しかし、NGな会話をしてしまうと場がしらけるだけでなく、クレームにつながったり、次回の指名から外されたりする場合もあるので注意しましょう。
ナイトワークでNGな会話は以下の通りです。

■家族関係
訪れる人は既婚や未婚、年代に関わらず来店します。
仕事の付き合いだけでなく、ストレス発散に訪れることもあり、プライベートな話の中でも家族に関する内容はNGとされています。

既婚者の場合、妻や子どもがいるのに他の女性にお金を使っているという罪悪感があったり、非現実的な空間に来たのに現実を思い出させてしまったりします。
未婚の場合、家庭環境が複雑で詮索されたくない場合や、自分のテリトリーに入られることを嫌う場合もあるでしょう。
顧客自ら話される場合以外は避けるのが懸命です。

■仕事関係
仕事の関係者同士で来店している場合も多いため、仕事関係の話題にもなりやすいでしょう。
そのため、表面上ではNGではないとみえる話題も多くなります。

しかし、顧客から出た話題であってもあまり堀り下げるのは良くありません。
中には機密情報につながるようなデリケートな内容もありますし、仲良くみえていたお客様同士が同業他社のライバルだったなど、複雑な関係性をもっている場合もあります。

■固有名詞
地名や人名、タイトルやグループ名などの固有名詞は、ワードを聞いただけで何の話・誰の話かを特定できることが多く、多くの人が来店するナイトワークでは話題として控えた方が良いでしょう。
固有名詞を大きな声で話してしまい、詳しい内容まで出た場合、不特定多数いるお客様の誰かが勘づいてしまっても不思議ではありません。

ナイトワークの場は匿名性を保った非日常の空間であることが重要ですので、固有名詞を使った会話は控えましょう。

■見た目
容姿や体型に関する話題も避けたほうが無難です。

喜ぶだろうと思って似ている芸能人などに例えがちですが、もしかしたらお客様の嫌いな人かもしれません。
また、毛量や頭皮の話題もお酒の場で出やすい話題ですが、安易にフォローしないで会話を変えた方が良いでしょう。


様々な顧客と会話を楽しめるナイトワークですが、会話の内容や言葉には気を配る必要があります。
たまたまそのお客様の席で楽しかった話題でも、別のお客様にとって不快に感じてしまうこともあります。
ナイトワークを楽しむためにも、お客様の状況をよくみて、気持ち良い会話を作っていきましょう。

上手に活かそう!ナイトワークで働く人のSNS活用アドバイス

ナイトワークで働いているとSNSでの集客はあなどれません。

有名キャバ嬢のなかには、新規指名客の8割がInstagramからということもあるそう。

またSNSを駆使すれば、既存のお客さんにも楽に営業ができるんです!

営業に時間を割いてプライベートな時間がなくならないよう、上手に使っていきましょう。


定番ともいえるのがInstagram。

特に顔出しができる女の子であれば効果は絶大です。

とは言え、いきなりどんな投稿をすればいいか分からない場合も多いですよね。

そんな時、まずは同業者のアカウントを閲覧してみるか、フォローして日々の動きを参考にしてみましょう。

写真の撮り方やアイデアなど参考になることも多いはずです。

また、投稿する際に「#店名 #地域」を盛り込むのがおすすめ。

ただし、ハッシュタグを入れ過ぎると却って営業感が強くなってしまいます。

目安としては5〜10個程に収めるようにしてみてください。

投稿内容は量よりも質を求めましょう。

量を気にするあまり、同じような見栄え、角度、色合いの投稿が連続で並ぶようだと、もはやスパムアカウントと変わらなくなってしまいます。

閲覧者にとって意味のない投稿にはならないよう注意してください。

また、投稿内容のおすすめポイントとして、ちょっとだけ生活感を出してみると意外に好印象になり得ることも!

例えばプライベートで出かけた場所や自宅でリラックスしている様子、料理の写真などなど。

接客時とのギャップを上手く感じてもらえる投稿を時折入れてみるといいでしょう。

24時間で消えるストーリーも積極的に活用してください。

もし同じお店の子や同業者の女の子と信頼性が気付けている場合は、お互いにタグ付けし合ってみましょう。

そのためにも普段から周りの子達と仲良くなり、自分の存在を知ってもらうことが肝心です。


文章を書くのが得意な子や、ちょっと変わった趣味、サラリーマン層と同じ趣味を持っている女の子はTwitterを開設するのがおすすめ。

普段はキャバクラと馴染みがない層にも認知が広がる可能性があります。

たとえば「キャバ嬢なのに釣りが好き」「実はアニオタ」などと意外性を持ってもらえ、仲良くなれば新規で来店してくれる可能性も高まります。

「#〇〇好きと繋がりたい」などハッシュタグは積極的に活用していきましょう。

またTwitterはリアルタイムでの情報訴求が強い側面を持っています。

出勤情報やキャンペーン、イベントの案内なども投稿に含めていくといいでしょう。


今やほとんどの方がLINEを使っていますが、連絡ツールのみに使っていてはもったいありません。

イベント告知の際や髪型を変えた、メイクが上手くいったというような自撮り写真はタイムラインにあげましょう。

馴染みの無い方も多いかもしれませんが、LINEにはLINE VOOMというショート動画を投稿できる機能があります。

一人ひとりに営業をかけなくてもイベントのお知らせができますし、しばらく会っていないお客さんにも自分を思い出してもらえます。

InstagramやTwitterを使っていない、またアカウントを知らない既存のお客さんに効果的です。


「踊ってみた」や「キャバ嬢あるある」など、サクッと短い動画はTikTokへ。

2022年12月時点では主な利用ユーザーは10〜20代の若年層と言われています。

若年層向けのお客様へのアプローチだけではなく、同業者との繋がりを構築したり、自らのブランド力強化のために上手く活用してみましょう。

女の子のファンができる可能性もあります。

BGMはランキング上位のものにし、曲と合わせてテロップを入れると視覚的にもわかりやすいです。

ナイトワークで働いていてTikTokをフル活用できている女の子はまだ少ないため、多くのチャンスが広がっています。


一般的にはたまたま来店したフリーのお客さんを接客して指名を増やしていきます。

しかしそれでは限界がありますよね。

今の時代は自分でお客さんを呼ぶことも重要な仕事といえるでしょう。

SNSは自らのブランド力強化や集客手法としても最適なツールです。

SNSの活用自体にお金がかかることもありません。

SNSをやってみて、新たに見えてくるお客さんの傾向やニーズが分かる場合もあります。

一方で、人気が出れば出るほどアンチコメントや心無いDMが届くことも必ず出てくるでしょう。

SNSと誹謗中傷はセットになることを必ず念頭に置いた上で、スルースキルや定期的なアカウントブロック等の対処が必要になることも覚悟しておきましょう。

自分にとって適切な距離感を保ち、SNSを活用してみてくださいね。

体入を繰り返すアナタへ!おすすめしない3つの理由

体入とは体験入店の略。

キャバクラやガールズバー、ラウンジなどのお店で、1日程度お試しで働いてみるシステムです。

本入店の前にお店の雰囲気を知ることができる便利なものですが、繰り返し体入をする女の子は良い印象を持たれません。

体入の本来の目的と、なぜ繰り返し行ってはいけないのか、3つの理由をご紹介します。


体入では働いた分のお給料が日払いで貰えるため、金銭的に余裕がないときだけ働ける、割のいいアルバイトと考える女の子もいるかもしれません。

しかし本来は、働きたいお店がどんなお店なのかを知るためのシステム。

体入で確認すべき点をもう一度おさらいしましょう。

客層や集客力を見ておく

若くてワイワイ騒ぐお客さんが多い、しっぽり飲むお客さんが多いなど、お店によって客層はさまざま。

自分に合わないお客さんばかりだと働くのがつらくなってしまいます。

そのため体入で働いてみるときには、お店の雰囲気をつかむことが大切。

また、あまり集客がないお店では、希望したシフトで出勤できるかわかりません。

たくさん働きたい女の子は特に平日の集客力を見ておくと良いでしょう。

同僚がどんな女の子かを見ておく

どうせなら居心地のいいお店で働きたいですよね。

待機の雰囲気がどうか、仕事を教えてくれる先輩がいるかの確認は必須です。

また一緒に席についたときにチームプレーをしてくれない同僚がいると大変。

ギスギスした足の引っ張り合いがなさそうかも見ておきましょう。

スタッフの動きを見ておく

ナイトワークは黒服によって働きやすさも違ってきます。

仕事ができないスタッフばかりだとお客さんをイライラさせてしまい、場合によっては女の子がフォローしなければならないことも。

キャストだけでなく、スタッフの腕によって売上は大きく左右されます。

売上が上がらなければ、あなたのお給料がアップすることもありません。

最低限の仕事ができているかはチェックしておきましょう。


あちこちのお店で体入を繰り返すのは、あなたにとってデメリットしかありません。

それはなぜか、3つの点から解説します。

① 面接してくれるお店がなくなる

過去に体入をしたお店のグループ店であれば、「ここは前に行ったところの系列だから面接してもらえないかも」と考えるでしょう。

しかし系列ではなくてもお店同士は横のつながりがあり、情報共有がされていることも。

ブラックリストに載ってしまい、名前を伝えた途端に断られてしまうかもしれません。

② 他の女の子と気まずくなる

体入をしたほうは他の女の子のことを見ていなくても、在籍の女の子はあなたのことを覚えている可能性があります。

体入を繰り返していると、たまたま移籍した女の子と会ってしまうこともあるでしょう。

そうすれば「あの子また体入来てる」と噂になりかねません。

1日だけとはいえ、接客中に誰からもフォローがないとつらいですよね。

そういったことからも、むやみやたらと体入をするのはおすすめできません。

③ 入店しても期待してもらえない

体入を繰り返す女の子はだらしないと思われてしまいます。

もし気に入ったお店が見つかり在籍しても、過去がバレると「どうせこの子はすぐ辞める」と思われる可能性が高いでしょう。

フリーのお客さんになかなかつけてもらえなかったり、クセの強いお客さんばかり接客させられたりすることも。

出勤調整や早上がりで思うように稼げないことにもなります。


体入を繰り返すデメリットはおわかりいただけたでしょうか。

もし自由に稼ぎたいのであれば、体入よりもナイトワーク派遣がおすすめ。

派遣は在籍キャストのヘルプという立ち位置のため、連絡先交換や同伴のような営業も必要ありません。

体入と違い、その都度面接を受ける手間も省けるので楽チン!

しかも体入は基本的に一店舗一回限りですが、ナイトワーク派遣なら要請があれば何度でも同じお店で働けます。

ナイトワーク派遣のプラスワンに登録して、効率的に稼ぎませんか?

要注意!接客でのNG会話とは?!

ナイトワークの基本は、お客様に楽しい時間を過ごしてもらうことですから、会話がはずむことはとても大切です。
ただし、顧客との会話を楽しめるナイトワークでも、接客時にしてはいけないNGな会話があります。
様々な話題を提供する立場にあるため、会話のNGを知っておき、お客様に楽しく過ごしていただく時間を作っていきましょう。


ナイトワークでは、様々な年代の顧客と接する機会があります。
そのため話題が豊富だと話題が尽きることもなく、顧客にも楽しい時間を過ごしてもらえます。

しかし、NGな会話をしてしまうと場がしらけるだけでなく、クレームにつながったり、次回の指名から外されたりする場合もあるので注意しましょう。
ナイトワークでNGな会話は以下の通りです。

■家族関係
訪れる人は既婚や未婚、年代に関わらず来店します。
仕事の付き合いだけでなく、ストレス発散に訪れることもあり、プライベートな話の中でも家族に関する内容はNGとされています。

既婚者の場合、妻や子どもがいるのに他の女性にお金を使っているという罪悪感があったり、非現実的な空間に来たのに現実を思い出させてしまったりします。
未婚の場合、家庭環境が複雑で詮索されたくない場合や、自分のテリトリーに入られることを嫌う場合もあるでしょう。
顧客自ら話される場合以外は避けるのが懸命です。

■仕事関係
仕事の関係者同士で来店している場合も多いため、仕事関係の話題にもなりやすいでしょう。
そのため、表面上ではNGではないとみえる話題も多くなります。

しかし、顧客から出た話題であってもあまり堀り下げるのは良くありません。
中には機密情報につながるようなデリケートな内容もありますし、仲良くみえていたお客様同士が同業他社のライバルだったなど、複雑な関係性をもっている場合もあります。

■固有名詞
地名や人名、タイトルやグループ名などの固有名詞は、ワードを聞いただけで何の話・誰の話かを特定できることが多く、多くの人が来店するナイトワークでは話題として控えた方が良いでしょう。
固有名詞を大きな声で話してしまい、詳しい内容まで出た場合、不特定多数いるお客様の誰かが勘づいてしまっても不思議ではありません。

ナイトワークの場は匿名性を保った非日常の空間であることが重要ですので、固有名詞を使った会話は控えましょう。

■見た目
容姿や体型に関する話題も避けたほうが無難です。

喜ぶだろうと思って似ている芸能人などに例えがちですが、もしかしたらお客様の嫌いな人かもしれません。
また、毛量や頭皮の話題もお酒の場で出やすい話題ですが、安易にフォローしないで会話を変えた方が良いでしょう。


様々な顧客と会話を楽しめるナイトワークですが、会話の内容や言葉には気を配る必要があります。
たまたまそのお客様の席で楽しかった話題でも、別のお客様にとって不快に感じてしまうこともあります。
ナイトワークを楽しむためにも、お客様の状況をよくみて、気持ち良い会話を作っていきましょう。

アナタは大丈夫?指名が取れないキャバ嬢の共通点とは

キャバ嬢にとって指名が取れないという状態は、非常につらいものです。
キャバ嬢としう仕事は、「自分が商品」であるためダイレクトに自分が否定されてるように感じてしまい、傷ついてしまいます。

でも、指名が取れない原因は自分にあるということを認め、ほんの少し改善していくだけでドンドン指名が取れるようになるということは珍しくありません!

今回は、指名が取れないキャバ嬢の共通点を見ながら、その改善方法をご提案していきたいと思います。


キャバ嬢で指名が取れない理由としてまず第一にチェックしなければならない項目は、「愛想があるかどうか」です。

言葉にすると、何となく軽く「そんなこと言われなくてもわかっているし」とスルーしたくなるものです。
しかし、案外自分で気づいていないこともあります。

自分ではしっかりと笑って会話しているつもりでも、すぐに真顔に戻ってしまうとか、何となくだるそうな雰囲気を出しているなど、他人目線では「愛想が良いとは言えない」というレベルかもしれません。

そして、この「愛想がない」という状態は、思いのほか破壊力があります。
何度もお客様に「あの子愛想なかったな。最悪」と他のキャストが言われているのを聞いて、「自分も気を付けないと!」とハッとさせられました。

水商売や風俗業は「究極の接客業」と言われることもあります。
「愛想ありき」であり、最低限できていなければならないということでもあります。もちろん、飲食業でも何でも「愛想がない」という状態は日本では特に許されない傾向にありますよね。
このことをよく腹落ちさせなければ、指名を取るためのベースが仕上がりません。

愛想が良いなと思うキャストを観察し、まずはその子を完コピしてみましょう。
乗り移られたような感覚で、なりきることが大切です。


指名が取れないと、自分に価値がないように感じて恥ずかしくなります。
待機スペースにいるのがつらく、フリーに付けられたら「次こそは指名につなげないと!」とプレッシャーがかかります。

こういう状態の時は、「自分はやっぱり美人でもないしトークも上手くないし、ダメなんだ…」と落ち込むものですが、実は誰もが経験することなので、あまり思いつめないようにして淡々と出勤することが何よりも大切になります。

フリーに付けてもらった時も、もちろん全力で頑張ることが大切ですが、しかしながらキャバクラの仕事というものは「相手があるもの」です。
つまり、どれだけ自分が全力でベストを尽くしたとしても、相手が自分を気に入ってくれなければ指名を取ることはできません。

指名を取れるかどうかは相手次第。なので、取れなくてもそこまで落ち込むことはありません。また次頑張れば良いだけです。

プレッシャーがかかりすぎるが故に、卓に付いた時に変に力が入り、不自然な接客になってしまうこともあります。
焦りすぎて目の前のお客様をよく見れおらず、「おもてなし」よりも「指名を取る!」方向に力を注ぎすぎている状態になることもあります。

そんな状態では、たまたま指名を取ることができたとしても、長く通ってもらう「本当の指名客」として育てることは難しいかもしれません。

焦る気持ちは本当によくわかるのですが、目の前のお客様をしっかりと「見て」、おもてなしの心で楽しませ、自分も楽しめるような接客を目指していきましょう。


私自身絶世の美女でも何でもなく、卓に付いた時点で「お笑い要因」だと判断されることもあるくらいです(笑)
それでも、なるべく自分の良いところを活かし、普通ではなくゴージャスなキャバ嬢に見えるように工夫していました。

美容整形という手もありますが、これについては限界もあります。
二重にしたら確かに印象は変わって可愛さアップとなるかもしれませんが、しかし本当のまばゆいばかりの美女にはなれませんし、上を見ればキリがありません。

小さい範囲の顔面だけを綺麗にするのではなく、全体として「あ、なんかオーラがあって綺麗かも?」というところを目指していくのが大切かなと考えています。

私の場合は色白とバストが褒められるので、そこを強調できるように心がけ、「皆と同じにならないぞ!」という変なプライドのようなものを捨て、とにかく「キャバ嬢らしい華やかさ」を追求しました。
そうすることで、お客様にも少しは特別感を抱いてもらえたのでは、と思っています。

「なんかギャル感あるのが嫌」「皆巻き髪だから私は黒髪ストレートで!」「男の人はナチュラルメイクが好きだから、私はそのテイストで勝負する!」など、個性で勝負するのは、売れてからいくらでもできます。

まずは、「お客様に喜んでもらえるような万人受けするラッピング」を心掛けてみてください。


キャバ嬢は会話が命なので、トークスキルがないと売れないと言われます。
もちろん、トークスキルはあった方が良いに決まっていますし、ないなら頑張って身に付ける努力をすべきです。

芸人さんなども上手に返しができなくて悩み、何度も経験を積んで切り返しが上手くなる訳ですよね。

しかしながら、持って生まれたセンスとか、面白いと感じるツボの違いなどで、全員のお客様と盛り上がることができる訳ではありません。
トークスキルがあってもなくても、とにかく「フィーリングを合わせにいく」という作業がとても大切です。

相手が何か意見を言ったら「そうですよね!本当にその通り!」とか「○○さんのおっしゃる通りでね…」など、相手を肯定する言葉を大げさに使うようにしてみてください。
そういう相槌を打つだけで、お客様は「この子とは話が合うな」と感じてくれます。

お客様にとっては、「会話の輪の中で自分が活躍できた=楽しかった」となりますので、自分が楽しい話を展開できることがトークスキルと考えるのではなく、あくまで「お客様を会話の中での主役にする」ということをまずは徹底していくようにしましょう!

春休みの副業1か月で50万稼ぐ方法

大学生の皆さん

待ちに待った春休みがやってきました!

最近面接する方は春休み中に稼ぎたいという方が多くいらっしゃってます!

胸を張って言えることは、大学生と派遣はとにかく相性がいいです。

これから人生の選択をしていく中で、必ずと言っていいほど貴重な経験ができます。

それだけでなく金銭面でもサポートできるので、派遣でどれくらい稼げるのかも想像しながら記事を読んでみてください!

それではご紹介していきます!

大学生がキャバクラ派遣で稼ぐメリット・デメリットは?

夏は、海・プール・花火・祭り・BBQ・フェスとイベントが盛りだくさんで、

なにかとお金も入り用です。そんな方に朗報です!

いま女子大生のキャバ嬢人口が増加してます!

理由としては、

1.春休み期間は学校がなく夜遅くまで働ける

2.日中は暑くて外に出たくなくても夜から働ける仕事があれば良い

3.なるべく短い時間でたくさん稼ぎたい

4.お酒を飲まなくても勤務できるお店が増えてる

5.学生のうちに人脈を作りたい

キャバクラ派遣で働くメリット・デメリット紹介してきます。

メリット

まずはメリットからご紹介します!

まず覚えていただきたいのが、全額日払い自由出勤です!

働いたその日がお給料日です。

本当に全額貰えるの?

そんな疑問を持つ必要もありません。

必ずもらえます。

もし近々でお金を用意したい方は必ずこの記事を読んでください!

・派遣なので全額日払いで給料ゲット!!

働くたびに毎日が給料日。急にお金が必要になるケースも少なくないですよね?

そんなときは、キャバクラ派遣ジュエルズへ登録しとけば安心です。

・時給が高い!!

女子大生の昼のアルバイトの相場は時給1000円から1500円程度となりますが、

キャバクラ派遣では、時給3000円から5000円と約5倍の時給!!

・派遣なので出勤が自由!

女子大生の一般的なアルバイトの場合、週単位や月間単位で予定が決まってしまうけど、

キャバクラ派遣の場合は当日直前でも勤務が可能!

デメリット

キャバクラをやる上で誰しもが抱える悩みです・・

が、派遣で解決します。

・親バレが不安

⇒キャバクラ派遣ジュエルズでは、朝キャバや昼キャバ、終電上がりの案件もご用意してます。

⇒キャバクラ派遣ジュエルズでは、お客様との連絡先交換が強制ではないので親バレの心配がありません。

・夜の業界に染まるのが怖い、、、

⇒キャバクラ派遣の場合は、短期での勤務が可能なためアルバイトの延長で勤務ができます。

・金銭感覚を失う

やはり時給が高い分、大金を手にする機会が増え購買意欲が増加します

・生活リズムが乱れる

夜の生活が長くなり睡眠不足やお酒の飲みすぎと身体的なストレスは避けられません

こんな方におすすめです

・お酒が好き

・人と話すのが好き

・お金が好き

・女子力を極めたい

・人脈を広げたい

昼職は何歳からでもできますが、キャバ嬢は何歳からでもできるお仕事ではありません。

この大学生活にしかできないことを是非挑戦してみましょう!

キャバクラで営業から素敵な出会い!?

今の時代、世間的にもキャバクラで働くことに抵抗がある人がだいぶ少なくなってきました。

少し前までは水商売というイメージだけであまりよく思わない方も多くいました。

世間一般化してきたのは、有名キャバ嬢さんなどがメディアへの顔出しが多くなったからだと思われます。

やはり水商売では非常に容姿が大切になってきます。

水商売の業界だけでなく、モデルさんなどと肩を並べても頭一つ飛び出る容姿の方が多くメディアに出ています。

流行や、タイプなどでなりたい女性は年々変わっていきます。

その憧れの女性としてキャバ嬢さんが多く注目を浴びております。

ただ、そこまでのレベルに行くにはそう簡単な事では有りません。

見えなきところで過去にどれだけの苦労があったことでしょうか。

今回はそんなキャバ嬢さんから聞いた、事件や驚く情報を記事にしました。

お客様から旦那様へ

キャバクラは決して安くは有りません。

今の時代、居酒屋で規定の範囲内のドリンクが2時間飲み放題で1000円程で提供されています。

そんな中、お店にもよりますが平均すると1時間5000円前後でキャバクラにいけます。

基本的にキャバクラにいく方のほとんどは経済的に余裕のある方が多いです。

キャバクラでは出会いを求めているお客さんや、ただ女性とお話ししながらお酒を飲みたいなどで様々な理由があります。

ただ、どちらかというと出会い目的の方が多いです。

最初はフリーで入ってきたお客様で気に入ってもらい、次回からは指名して来店してくれるようになり、その後お店の

外でも会って食事をしたり買い物をしたりします。

お店によっては店外でお客様と会うことが禁止されているところもあります。

最初はお客さんとして見ていたが異性として魅力的に見える存在になり、付き合って結婚した方などもいらっしゃいます。

お店の中で会うということはセット料金が発生しています。

悪い言い方をするとお店にもよって料金は変わりますがキャストさんが隣にいるだけで料金が発生します。

それがお店の外となると料金は発生しません。

お客さんからするとお店の外で会うということは少なくともセット料金が発生していないので特別扱いをされてるのだと思うものです。

もちろんお店の中で会うとなれば他のキャストさんや、従業員、お客さんなどいるので2人だけの空間というのは難しいです。

お店の外であれば2人だけの空間になるので行動が広がります。

ご飯を食べたり買い物をしたりなど様々ですが、そこで見抜けるのがお客さんの経済的余裕や人間として自分と合ってるかなど。

給料が高い水商売にプラスで生涯のパートナーを見つけることができるキャバクラはなんてすばらしい職業なのでしょうか。

たまたまフリーのお客さんについた席でタイプのお客さんに出会ってしまうことも。

本来、擬似恋愛空間をキャストが作りお客さんにまたお店行って会いたいと思わせるのが仕事です。

ただキャストさんも1人の女性です。

仕事に私情を持ち込むのはNGですが恋愛については難しいところがあります。

現役キャストさんに聞いた話ではお客さんに一目ぼれして、席に着いた時にキャストさんからお客さんに質問攻めして接客になっていなかった光景などもあるそうです。

このパターンの場合、最初からお客さんではなく異性として見ているので結果上手い営業になったりします。

完全に仕事としての営業と、私情が混ざっての営業でお客さんによって捉え方は変わってくると思います。

お客さんによってパターンを分けての営業が出来ればプロです。

また、気になるお客さんが気づいたらホストだったということがあるそうです。

基本的に、同業者の方はキャバクラは入ることが禁止されています。

ホストもキャバ嬢と同じく営業をしなければいけません。

キャバクラと違い、ホストではフリーでお客様が入りにくいので自分でお客様を捕まえに行かなければいけません。

その探し先としてキャバクラを選ぶことも多いです。

やはり容姿に自信があり、接客業なのでホストさんからすればキャバ嬢さんとお店の外で会う関係までいくのは簡単なようです。

お店の外で会うようになったところで相手に自分の好意を伝えてから、会いたいならお店に来てほしいと遠回しに伝えていくのです。

聞いた話では、その方は収入を増やしてホストに通うためキャバクラのお店をやめてキャバクラより稼げる業種に変えたそうです。

自分で稼いだお金なのでご自身の自由です。

信頼していたお客様が飛んだ

基本的に会計は当日、現金やカードで支払われることが多いです。

会計が高額なときは現金を多く持ち歩く人も多くは無いのでカードでの支払いが多く見れます。

ただ、お客様の仕事柄によってはクレジットカードを作れない方もいらっしゃいます。

常連になると会計を次回来店時に支払うという約束で当日は支払い無しで楽しむ方もいます。

もちろん、お店側の許可も必要になりますので相当なお店との信頼が必要になります。

毎回高額な会計でも現金で支払うお客様がいたそうです。

そのお客様と仲の良かったキャバ嬢さんは、ご飯を食べたり買い物をしたりとお店の外でも会っていたそうです。

そのお客様が大変酔っぱらってる日に、楽しくなり高額シャンパンなど多く出ており手持ちのお金では会計が足りず次

回支払いに回してほしいとキャストさんに相談をしました。

泥酔状態でコンビニのATMにも行けるような状態では無かったそうです。

キャストさんの判断では決められないため従業員に相談したところ断られました。

キャストさん自身は関係が良くても、従業員の方との関係は何も無く信用が出来ないという理由でした。

従業員の方は止めましたがキャストさんはいつも良くしてもらっているので会計を建て替えることにしました。

会計を終わらせてそのお客様をタクシーに乗せお見送りました。

後日、お客様から謝罪の連絡があり次回来店日を決めていましたが当日来なかったそうです。

それから連絡をしても折り返し連絡がくることもなく行方が分からないそうです。

結果、その会計の料金をただキャストさんが負担しただけでした。

どんなに気前の良いお客さんでも今回のようなことは起こりえます。

信用は自分で決めるものなので悪魔でもお客さんということを忘れてはいけません。

キャバクラでの店外デートとは?

お店の外でお客様とキャバ嬢がデートすることです。
お店以外で会うので、基本的にキャバ嬢にメリットはなくお客様に関しては、特別感を得られ満足度が上がることが多いです。

実際に店外デートをするキャバ嬢の理由として、
今後もお店に来てもらう為や好きなものを買ってもらう為が多いです。

キャバクラの店外デートで気を付けるべきポイントとは?

店外デートとはキャバクラに通う男性にとって一つの目標達成にもなります。

男性にとって意中のキャストを口説く絶好の機会となるためです。


時間目安は夕方以降かから3時間程度がベストだと思ってください。

理由としては、店外で長時間会うことでお客様に飽きられる可能性が高くなりお店に通わなくなる。

帰る時間に関しても遅ければ遅いほどホテルに誘われる可能性が高くなります。


昼間でしたらほとんど問題ないですが、ディナーの時間帯で個室に二人きりだと口説きに入るケースも考えられるため、

オープンな場所を選ぶといいでしょう。

また、昼間から会うことはオススメしません。

男心としては、少しでも長くいたい気持ちがありますが、

店外で長時間会うことでお客様に飽きられる可能性も高くなるため、夕方からの食事が無難な選択でしょう。


お客様もオトコなので常に下心はあると思ってください。

急に「ホテル行かない?」なんてことを言うお客様もいます。

そんな時は「休日だからお酒飲まないでいられる!嬉しい!」とアピールしましょう。


集合場所に関しても、自宅に迎えに来てもらうと自宅がバレてあとあと厄介になる可能性も考えられます。

また、帰り際もどこか知らない場所へ連れて行かれるリスクもあるため極力タクシーなどを利用しましょう。

キャバクラの店外デート||メリットとデメリット]


・お客様に特別感を与えられる

・次回来店に繋げられる

・好きなものを買ってもらえる

・ご飯奢ってもらえる


・お客様に飽きられる

・時間を奪われる

・お店からのバックがない

・身の危険がある

店外デートを断ることで指名替えの可能性もでてきます。

お客様によって断り方も色々あるので工夫して使ってみてください。


お昼の仕事をしている!バイトをしている!学校に通ってる!料理教室に通ってる!親の介護してる!

などよくある方法ですが、お客様も納得しやすい常套手段です。

デートしたいけどできない気持ちを伝えましょう。


もともと店外デートはしないキャバ嬢というスタンスでいる。なかには店外デートせずにナンバー入りする強者キャバ嬢もいます。

「わたし店外デートはしない人なんです」

「店外デートは嫌いなんです」

「週6通ってくれてるお客様の店外デートも断ってます」

「店外デートはしないけど同伴はします」


条件を先にだす。「〇〇買ってくれるなら店外デートする!」、

「だれだれちゃんも一緒だったら店外デートする!」、「お店にあと〇〇回きてくれたら店外デートする!」

「○○のシャンパン入れてくれたら店外デートする!」などと条件ありきで話しをする。


先延ばしにする。「店外デートはまだ早い!もう少し仲良くなったら考える」と関係性が深くなったらOKする。

高級クラブの「永久指名」とはどんなシステムなの?

「永久指名」という制度をご存じでしょうか?
キャバクラではあまり実施されていない、高級クラブならではのシステムです。

今回は「永久指名」について掘り下げていくので、「高級クラブで働いてみたい!」「本入店するか悩んでいるお店が永久指名制度だけど、システムが分からない。」なんて人は、よくお読みになってくれたら嬉しいです。

「永久指名」とは?何のためにあるの?

「永久指名」とは、来店したお客さんが気に入った女の子を、永久的に指名するということです。

一人のお客さんに対し一人の女の子が「担当」という形で付き、そのお客さんが来店された時は、毎回担当の女の子が接客をします。

この担当は対象の子がお店を辞めるまでは永久的に変更が出来ません。

永久指名はどんな業種で多いの?


永久指名は、高級クラブやホストクラブで多く導入されているシステムです。
また、数は少ないですが一部のキャバクラでも導入しています。

永久指名は何のためにあるの?


高級クラブなどで「永久指名」が導入されるのには、様々な理由があります。

・売掛の管理をするため

売掛とは、お客さんが本来支払う分の料金を、担当の女の子がツケとして肩代わりするということ。
つまり、お客さんが期日までに売掛金を支払わなかったら、担当である子のお給料から引かれ相殺されるのです。

どの女の子がどのお客さんを担当しているのかを店側は把握し、売掛金をしっかり清算してもらうため、高級クラブでは永久指名という制度が必要となるのです。

・キャスト同士で揉めないようにするため

キャバクラのお店で導入している指名制度は、お客さん自身がその時々で女の子を指名するシステムです。
指名をしてるキャバ嬢が居ても、お客さんが「やっぱ他の女の子を指名したい!」と思ったらいつでも指名のキャバ嬢を変更できるんです。

それに対して、高級クラブなどで導入されている「永久指名制度」はその時々で指名する女の子を選ぶことや変更することはできないため、キャスト同士でのお客さんの奪い合いを防ぐことができます!

キャストどうしのお客さんの奪い合いはトラブルの原因となるため、永久指名はそのトラブルを避けることができるのです。

永久指名のメリット・デメリットとは?

永久指名は、メリットが沢山ありますが、もちろんデメリットもあります。良い部分も悪い部分もしっかりと理解しておくことが大切です!

永久指名のメリット


永久指名という名の通り、一人のお客さんが一人の女の子を徹底的に応援してくれます。
「応援される子」も、贔屓にしてくれるお客さんを大事にするので、良好的な関係を築きやすいのです!

さらに指名ノルマのプレッシャーも無く、永久指名してくれたお客さんが新規のお客さんを連れてきたとしても、永久指名をされている女の子の売り上げになるのです!
ストレスになる部分が少ないので、のびのびと働くことができるんです◎

永久指名のデメリット


永久指名は、クラブにご来店されるお客さんにとっても手軽にできるものではありません。なので中々指名されず、売り上げに伸び悩んでしまうことがあるのです。
短期間で集中的に頑張っても、すぐに稼げるわけではないのが永久指名の特徴です。

また、永久指名での指名替えはよっぽどのこどが無い限りはされないため、責任も重く、万が一されたときのショックがとても大きいのです。

「永久指名」の売り上げ金について

指名の変更が出来ない永久指名ですが、お客さんは指名料を払えば他の女の子を指名することができます。
永久指名の席には、指名の無い子がヘルプとしてお客さんの席に付く事もあります。

しかし、その場合、指名を頂いてもドリンクを頂いても、キャバクラのようにバックが付くことはありません。
万が一体調不良などで永久指名をされている子が休んで、そのお客さんが他の女の子を指名したという場合でも、そのテーブルでの売り上げは全て永久指名されている女の子に付くのです。

そのテーブルでの売り上げは全て永久指名されている女の子のものという事は、暗黙のルールです。しっかり理解しておきましょう

「永久指名」されたら、ずっとお客さんと二人きり?

キャバクラのお店では、通常一人のお客さんにつき、一人のキャバ嬢が付くマンツーマンの接客になります。ですが、高級クラブでは基本的にマンツーマンの接客はありません!
永久指名をしている女の子に、プラスでヘルプの女の子が2~4名ほど付くのです。

何故マンツーマンの接客をしないのかというと、「永久指名」だと解っていても、お客さんは常に担当の子と接することになり、毎回二人きりの状況だと飽きてしまう可能性があるからです。
永久指名の子に加えてヘルプの女の子を複数名お客さんに付けることによって、お客さんはそのクラブに来店するごとに異なる雰囲気を楽しむことができるんです。

“永久”はいつまで続くの?

永久指名は、お客さんがそのお店に通い続ける限りは担当の女の子を永久的に指名するものですが、担当の女の子が引退したりそのお店を辞めると永久指名は解消になります。

ですが、もちろん例外もあります。
永久指名をされた女の子がお客さんとの間でトラブルを起こしてしまったり、接客態度があまりにも悪いと、お店側から指名替えされてしまう事もあります。

永久指名という言葉に甘えず、常に最上級の接客を心がける

お酒が飲めない!でも大丈夫☆ノンアル「キャバ嬢」でも稼げる理由☆

キャバ嬢に憧れるけど、「お酒が飲めないから無理かも…」と思っている人は多いのではないでしょうか?
お酒を飲まないと働けないと思われがちなキャバ嬢ですが、実はお酒が飲めない人でもキャバ嬢として働くことができるんです☆

今回は、お酒が飲めなくてもキャバ嬢として働ける理由と、お酒を飲まずにノンアルキャバ嬢として稼ぐ方法をご紹介します!

お酒が飲めないとキャバ嬢失格…!?

キャバクラでお酒が出ることはもちろん、時には同伴やアフターでもお酒が伴うことがあります。

しかし、必ずしもお酒が飲めなくてはいけない!というわけではないんです♪

実は、有名キャバ嬢の中にもお酒が飲めない人はいます。

電撃引退した元超人気キャバ嬢の愛沢えみりちゃんもノンアルでNO,1をキープしていたんですよ☆

つまり、お酒を飲めるから売れっ子になれるというわけではないんです!!

では、お酒を飲めないキャバ嬢がどうやって稼いでいるのか、詳しく見ていきましょう。

お酒が飲めないノンアルキャバ嬢が稼ぐテクニック

お酒が飲めないキャバ嬢は、他の部分で強みを作っている場合が多いです!
お酒が飲めないなら飲めないなりの努力をすればいいんですね☆

それでは、一体どんな強みがあればお酒が飲めなくてもキャバ嬢として人気になれるのでしょうか?

トークが楽しい


人気キャバ嬢に共通する強みが「トークが楽しい」ということです♪

お酒の強いキャバ嬢がいる店舗でも、トーク力に長けているキャバ嬢の方が人気!なんてことはよくあります。

あらゆる話題に対応できるように、日頃から知識を増やしておくといいですね。
タイムリーなニュースはもちろん、趣味分野やマニアックな話題まで対応できればかなりの強みになりますよ!

容姿が美しい・かわいい


容姿が美しいというだけでも十分強い武器になります!

キャバクラに訪れる男性というのは、基本的には綺麗な女性が好きです。
同伴をしたがるのは綺麗な女性を隣に連れて歩きたいという願望からが多いのです。
思わず隣に連れて歩きたくなるような容姿になれば、男性はお酒が飲めないことなんて気にしなくなるものです。

また、細かな動作に気品が表れるのでマナーを学ぶのもいいですね☆

テンションが高い


そもそもキャバクラでお酒が華やかに飛び交うのは、お酒を飲んでテンションを上げ、心地良い状態で過ごすためです。

お酒を飲むとテンションが上がる人が多いので、自分だけ素面でいるとテンションの差が生まれてしまいます。テンションの低いキャバ嬢と一緒にいてもお客さんは楽しくありません。

お酒が飲めなくても、お客さんのテンションについていく、もしくは相手よりもハイテンションで接客すると強みになりますよ♪

お酒が飲めないキャバ嬢のお客さん対策


お酒が飲めなくても働くことはできる!と分かっても「お客さんに嫌がられそう…」と心配になりますよね。
そんな時は、以下のテクニックで悩みを解決することができますよ☆

必要がなければ伝えなくてOK


お客さんからボトルを入れられない限り、キャバ嬢が飲んでいるドリンクがアルコールかどうか分かりません。
店舗のスタッフにお酒が飲めないことを伝えておけば、ノンアルコールのドリンクを出してくれるところがほとんどです!

もしもお客さんにドリンクを飲んで確認されてしまっても「え?アルコール入ってるよ!」と突き通しましょう♪
しつこく食い下がってくる人には「飲みすぎてアルコールが分からなくなってるんじゃない?」と上手くかわすと良いでしょう☆

正直に飲めないことを話す


そもそも、お酒が飲めないということだけで極端に嫌がる人は滅多にいません!!

体質でお酒が飲めなかったり、アルコールアレルギーという人はたくさんいます。
飲めないことを伝えても飲むことを強制してくるようであれば、そういったお客さんには営業しない方が無難です。
頑張って指名を獲得したとしても、辛くなるのは自分ですよ!

たくさん食べるアピールをする


男性の多くは、小食よりもたくさん食べる女性を好む傾向にあります。
「いっぱい食べる君が好き」なんてよく聞きますよね☆

たくさん食べる姿を可愛いと感じるので、お酒よりも食べる方が好きということをアピールしましょう!
食べることをアピールすれば、同伴だってしてもらえますよ!!

お酒が飲めないキャバ嬢は理解してくれるお店を選ぼう!

ノンアルで人気キャバ嬢を目指すのなら、お店の協力が不可欠!

キャバクラでは、ノンアルコールを用意してくれるお店はとても多いです☆
面接や体験入店でしっかりと飲めないことを伝え、自分のことを理解してくれるお店を選びましょう。

スムーズに働くためにも、以下のことに注意するといいですよ。

どのくらい飲めないのか伝える


一口にお酒が飲めないと言っても、人によって程度は様々です。

・一滴も飲めない(嫌いなのか、体質なのか)

・一杯くらいなら飲める

・お酒の種類によっては飲める

体質で飲めない場合は、うっかり飲んでしまうと命に関わってしまいます。
自分のためにもしっかりと飲めないことを伝えることが大切です!

お店とキャストにしかわからないサインを使う


お客さんにノンアルコールだとバレないようにするために、お店によってノンアルコールのサインが決められています。

ハンドサインの場合もあれば、合言葉の場合もあります。
お店によってサインは違うので、働く際はきちんと教えてもらいましょう☆

自分だけのボトルを用意してもらう


ノンアルコールで働くと、お客さんからボトルを入れてもらうことが難しいのでどうしても稼ぎにくくなってしまいます。

協力的なお店であれば、飲めない人のためのジュースボトルを用意してくれることもあります♪
高級なフルーツジュースなどをボトル扱いにしてもらいましょう!

また、働き始めは応じてくれなかったとしても、売上を上げていくことで応じてくれる場合もありますよ。